マリモ地方創生リート投資法人

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. インベストメント・ハイライト

インベストメント・ハイライト

本投資法人は、「地方の創生」に貢献することを基本理念とし、地方を中心とした、レジデンス、商業施設、ホテル、オフィス及び駐車場に投資し、地域・用途分散を図った総合型ポートフォリオを構築することにより、「収益性」と「安定性」の確保を目指します。

1 全国各地で地方創生の取組みが進められる中で、魅力的な投資エリアになり得ると期待される地方への投資

地方は、政府が掲げた地方創生の推進に係る長期ビジョンにおいて重点的に支援されることが表明されており、これまで以上に魅力的な投資エリアになり得ると本投資法人は考えています。
魅力的な投資エリアになり得ると期待される地方において、相対的に高い収益性を見込める不動産に対する投資を実施することによって、高い収益性の確保と地域活性化への貢献の実現を目指します。

外部成長戦略 内部成長戦略

2 地方を中心とした総合型ポートフォリオによる「収益性」と「安定性」の確保を目指した運用

地方を中心としたポートフォリオを構築することにより、東京圏中心のポートフォリオより相対的に高い投資利回りを確保し、かつ、安定的な収益の確保を目指します。
幅広い投資対象から、マリモのノウハウの活用が特に期待でき、収益も相対的に安定していると考えられるレジデンスと、まちの活性化につながるとともに、マリモの市街地再開発事業による取得機会を期待することができる地域密着型の商業施設を中心とし、そのほかにもホテル、オフィス及び駐車場など、用途分散を図った総合型ポートフォリオを構築することにより、安定したキャッシュフローの創出を目指します。

ポートフォリオ構築方針

3 地方の不動産に関する多彩なノウハウを有するマリモからのサポートを活かした投資

本投資法人のスポンサーのうちの1社であるマリモは、以下のとおり、地方の不動産マーケットに関する多彩なノウハウを有しています。
  • 情報収集・分析ノウハウ
    全国各地から集まる年間1万件(注1)を超える多種多様な不動産情報について、総合的に判断し、投資不動産の価値を見極める「情報収集・分析ノウハウ」
  • 不動産開発ノウハウ
    全国での分譲マンション開発実績、市街地再開発実績(注2)、収益不動産開発実績、複合型開発実績に裏付けられた「不動産開発ノウハウ」
  • バリューアップノウハウ
    全国のマンション設計実績を通じて培った、その地域や立地、不動産特性に応じたリノベーション工事(専有部分及び共用部分)等を企画、実行することにより稼働率の上昇や賃料の上昇に繋げるなど、不動産の価値向上を実現する「バリューアップノウハウ」
(注1) マリモの不動産情報システムに情報を入手するたびに登録された件数の総数です。一部異なる情報提供者から同一の物件の情報を入手したなどの理由により、同一不動産が重複して登録されることもありますが、かかる重複については調整を行っていないため、実際に情報を入手した不動産の数はこれより少なくなります。以下、全国各地から集まる不動産情報について同じです。
(注2) マリモは、市街地再開発事業において、住宅部分の取得を行いますが、市街地再開発事業のプロジェクト全体を単独で行うものではなく、市街地再開発組合、コンサルティング会社、ゼネコン等と共にプロジェクトを推進します。

マリモの概要

4 マリモ、リビタ及びサポート協定を締結した各地の地域金融機関による物件取得機会の提供

本投資法人及び本資産運用会社は、以下のとおり、物件取得機会の提供を受けることができます。

スポンサーである、全国の地方での市街地再開発事業やマンション開発事業の実績を有するマリモ及びリノベーション事業を数多く手掛けているリビタから、優先的売買交渉権、ウェアハウジング機能、優先的物件情報の提供等の物件取得機会の提供を受けることができます。
また、サポート協定を締結した各地域に根付いた活動を展開する地域金融機関であるサポート会社からも各地の物件情報の提供を受けることができます。

スポンサー、サポート会社

マリモの概要 リビタの概要

5 都市銀行及び各地の地域金融機関とのリレーションによる安定的かつ健全な財務戦略並びに地方投資における特性を踏まえた分配方針

都市銀行、信託銀行及び各地域の特性を十分に理解した地域金融機関を含めた複数の金融機関によるバンクフォーメーションの構築を目指します。
借入れの長期化と返済期限の分散を目指します。
資産全体に占める建物割合が東京圏と比較して高くなる地方を中心としたポートフォリオを構築し、結果として高い減価償却費を計上し、内部留保が発生することを背景とした利益を超える金銭の分配(出資の払戻し)を活用します。

財務戦略

このページの先頭へ