マリモ地方創生リート投資法人

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 基本理念

基本理念

マリモ地方創生リート投資法人

マリモ地方創生リート投資法人は、
”地方から日本を強くしていく”ことを
基本理念としています。

本投資法人は、本投資法人が地方において魅力的なレジデンス、商業施設、ホテル、オフィス及び駐車場に投資し、地域社会へ貢献することにより、人が動き、経済が動き、都市そのものが動きだし、地域活性化に繋がるものと考えています。

本投資法人は、各地方の特性に応じた総合型収益不動産(注1)への投資を通じて、東京一極集中の是正を目指した「まちの活性化」、「雇用の創出」及び「地域経済の活性化」を実現し、「地方から日本を強くしていく」という基本理念の実現を目指します。

さらに、本投資法人は、地方(注2)を中心とした総合型ポートフォリオを構築することにより、「相対的に高い投資利回り」かつ「安定的な収益」の確保と運用資産の確実な成長を志向し、投資主価値の中長期にわたる向上を目指します。

(注1) 「総合型収益不動産」とは、賃料等の収益の創出を見込むことができる、レジデンス、商業施設、ホテル、オフィス及び駐車場の総称をいいます。
(注2) 「地方」とは、東京圏以外の地域をいいます。また、「東京圏」とは、東京都、神奈川県、千葉県及び埼玉県をいいます。

(注1) スポンサー」とは、本投資法人及び本資産運用会社との間でスポンサーパイプライン・サポート契約を締結している者をいい「マリモ」とは株式会社マリモを、「リビタ」とは株式会社リビタをいいます。
(注2) 「市街地再開発」とは、市街地内の土地の合理化と健全な高度利用、都市の機能更新を図る再開発をいいます。
(注3) 第三者との共同出資を通じて開発した物件についても、全棟数を開発実績に含めています。
(注4) 「サポート会社」とは、本投資法人及び本資産運用会社との間でサポート協定を締結している者をいいます。

このページの先頭へ